異業種に転職するには

異業種に転職はデメリットが多い

異業種へ転職するのは難しいと言われています。
いろいろな理由が考えられますが、転職した場合、
転職先では即戦力として働くことを求められます。

異業種へ転職したら、
これまでの経験やスキルはあまり生かすことができません。
そのため、即戦力として働くには困難を伴います。

さらに、転職した場合は、年収が下がることが多いので、
転職者自体も働く時の意欲を失くしがちになります。

異業種に転職できる年代もあります。
20代後半から30歳までです。
この年代だったら、新しい職場で新しい技術を覚えて、
働いていける適応能力を備えています。

企業もそれを認めてくれるのです。
違う業界へ転職を考えるなら、
できるだけ若いうちに準備を開始することが必要です。

異業種転職をする方法

ある程度年齢を重ねてから異業種に転職する場合には、どう動けばいいのでしょうか。
おもに2つの方法があります。

まず一つ目は、これまでの仕事と希望の異業種の接点を見つけるということです。
どんな仕事でも、どこかでつながっている面があります。

例えば、接客・サービス業で得た経験は、
コミュニケーション力を磨くことになるでしょう。

サービス業の仕事はお客様とのコミュニケーションが重要です。
そのコミュニケーション力を生かして、いろいろな会社の営業職に応募するのです。

営業職はどの会社でも必要としています。
その割には大変な面が多くて、
良い人材が集まりにくい仕事でもあります。

接客業で身につけたコミュニケーション力を、
履歴書や職務経歴書、面接のときにアピールすることができたら、
どこかの会社の営業職に転職できる可能性は十分にあります。

この例のように、今の職で得た経験と能力を、転職先で最大限に生かすのです。

もう一つの方法は資格を取ることです。
これには時間と労力がかかりますが、資格が何もないよりは、
あったほうが転職先でも評価されることは間違いありません。

資格の取得にはある程度の期間が必要なので、
今の会社にいるうちに勉強を始める必要があります。

今の仕事をおろそかにせず、資格取得の勉強をするのは大変ですが、
それをやり遂げた時には、自分の大きな自信になることは確実です。

いろいろな資格がありますが、お勧めできるのは中小企業診断士の資格です。

この資格を取るには、
ビジネスに関する様々な知識を身につけなければなりません。
身につけた経済、財務、
管理といった企業を健全に経営していくための包括的な知識を、
転職先でも生かせます。

実際、この資格を持っている人はビジネスの現場で高く評価されています。
またこの資格を勉強することで、人脈を広げることができます。

というのは、いろいろなバックグランドを持った人たちが、
この資格を取るために勉強をしているからです。

また女性に多いパターンが学生時代に取っていた資格を生かし転職を成功させるパターンです。

商業簿記や秘書検定だけでなく教職や語学なども役立ちます。
特に多いのが保育士への転職です。

卒業時には資格はあるけど募集定員の関係で多業種へ就職した
女性が転職で元々持っていた保育士免許を生かし転職を成功させるパターンが多いそうです。

保育士って意外と求人が多い業種なんですね。

<参考>
保育士の求人転職情報→ 【保育士求人ナビ】