スキルアップにこだわる

スキルアップ

スキルアップにこだわりを持って転職をしたいという方もいらっしゃるでしょう。
スキルが上がれば仕事が楽しくなります。
会社での評価も上がるでしょう。

年収が増える可能性も高いです。
現在働いている会社でスキルアップが望めそうにない時は転職先を探してみましょう。
スキルアップを目指す転職は転職の理由として認めてくれる会社が多いです。

スキルアップを目指す転職なら、充実した研修を実施する企業を探しましょう。
技術系の仕事では自社で働いてもらう前に研修を行うところがあります。

研修

研修の期間は3ヶ月程度です。
研修後に資格を取ることを求められることもあります。
研修を行う企業はIT系や機械系が多いですが、
サービス系や営業系でも行うところがあります。

IT系や技術系の場合は未経験でも構わないところもありますが、
基礎的な知識や経験を求めるところもあります。

例えばエンジニア系の仕事だったら、
ある言語(たとえばC)による開発経験などが求められます。

研修を行ってくれる会社へ転職するときには、
スキルアップへの熱意を履歴書や面接の時に表現することが大切になります。

30代後半以上の方の転職になると、
研修を行ってくれるところは少なくなってしまいます。

40代50代の方でもスキルアップを目指す転職は可能です。
この世代の方はこれまでの経験や知識を生かしつつ、
新しいスキルを磨いていくことが大切になります。

例えば営業の仕事の経験が長い方は、
それに新しい要素をつけ加えることで突破口が開けます。

例えば英語会話のスキルをある程度身につけることができたら、
転職の際に有利になるでしょう。

完璧な英会話力を身につけるのは時間がかかりますが、
ビジネスの際のコミュニケーションに使う英語なら
短期間の勉強でマスターすることが可能です。

成長が著しいアジアのビジネスの現場では英語がよく使われます。
ネーティブの英語のように完璧なものではありません。

日本人でもコミュニケーションに参加できるレベルのことが多いです。
営業の技術と英語のスキルを上げたいと面接の時に言えば、
面接官の評価は高くなるでしょう。

ほかにもいろいろなスキルや資格があります。
それをこれまでの経験と結び付けて生かすことができれば、転職は有利になります。

ある程度の期間学校に通っても良いでしょう。
その熱意を面接の時にアピールできれば面接の評価が高くなります。

技術系のスキルや資格は難しいかもしれませんが、
人事やマネージメントに関するものだったら40代、50代の方に適しています。